最近のご相談

「後鼻漏」、聞きなれない言葉ですが、もしかしたら私がこれまで悩んでいたのは

これかもしれないと、ご相談に見える方が増えています。

粘った鼻水がのどに降りる不快感、鼻づまり、頭痛、夜中に痰かからみで眠れないなど

症状はいろいろです。

かつて副鼻腔炎になり、治療していったん良くなったが、その後「後鼻漏」がみられ、

長年気にはなっていたがあきらめていた、という方もいらっしゃいます。

大火事のような急性の炎症ではないが、いまだ火がくすぶっているという

状態かと思われます。そこで清熱、解毒、排膿の作用をもつ薬草がお役に立ちます。

長引く炎症は鼻粘膜にも影響を与えるので、粘膜を丈夫にする漢方薬や、

風邪をひかないこと、疲れをためないことが悪化を防ぐことになるので

滋養強壮剤などを合わせてご紹介します。

後鼻漏を放置すると、声がれや気管支炎などを併発することがあります。

何より不快な「後鼻漏」、しっかりとお手当てすることをおすすめします。